やっぱり海がすき! 

by kozutuming

記者が新聞に載ってもいいんじゃなぁい?

日刊あなた
久しぶりに遊んでみた。 ちなみに前に遊んだのはコレっす

「日刊エキブロ新聞記者」 ちょっと変? かなり無理?

現在25名いる記者のうち、記事にされたのだ~れだ(笑)




エキブロ新聞記者一日ミッキーマウス体験
先日、人気俳優エキブロ新聞記者が一日ミッキーマウスを体験していたことが発覚した。 一日婦警などはよく聞くがミッキーマウスとはさすがエキブロ新聞記者である。かねてから、ディズニー好きがささやかれていたエキブロ新聞記者だが今回の件で確実にディズニー好きと言っていいだろう。 しかし、お忍び一日体験だったが「今日のミッキーのパラパラやけにキレがいいね。」とささやいていたファンに気づかれてしまったようである。めげずにエキブロ新聞記者は「次はホームテッドマンションの幽霊やります」と意気込んでいた。

エキブロ新聞記者、渋谷をジャック!
新ファッションリーダーとの呼び声が高いエキブロ新聞記者は、渋谷で”おしゃれ指南”のイベントを行った。これは、街の一般人をつかまえて無理矢理おしゃれのアドバイスをするいうもの。 エキブロ新聞記者は、少しオーバーウェイトぎみの女子高生をつかまえて「これ足?あ、腕だった」と言ったり、ルーズソックスをはく子に「プードルみたい」などとコメントした。 また、同じ色のスーツを着たサラリーマンの集団に「4人以上くっついたら消えちゃうよ!」と間に割って入るなどのぷよぷよネタで場を盛り上げた。 結局この日、エキブロ新聞記者のおしゃれに関するアドバイスはなく、「あなたたち自分で考えてよ!」と居直っていた。

評論家エキブロ新聞記者
“一言評論”で人気のエキブロ新聞記者が、都内の書店でサイン会を行った。 エキブロ新聞記者は以前、ラスベガスでの世界マジック大会の審査員を勤めた際、「っていうか、こんなの手品じゃん」と言い放った猛者。 「自分イズム」、「イズムis自分」などという飲み屋での会話並の論理で、特異なキャラクターを確立している。 この日のサイン会で、エキブロ新聞記者はファンの一人一人にコメントを書き添えるというサービスをした。 しかし、その内容は「人生だもの、エキブロ新聞記者」や、ネコが行方不明という女性に対しての「行方不明だからネコなの。居場所が分かったら犬でしょ」などというものばかり。 エキブロ新聞記者は持参した”麦茶”を飲んでは上機嫌だった。
[PR]
by kozutuming | 2006-01-15 11:40